用語集

【図解でわかる】保険者とは?

保険者(ほけんしゃ)とは

保険契約に基づいて、保険料を徴収し、保険事故の発生の際に保険金を支払う義務を負う者。⇔被保険者。

出典元:デジタル大辞泉(小学館)、Weblio辞書

のことをいいます。

もっとわかりやすく言うと、

保険者(ほけんしゃ)とは

保険という仕組みの中で、お金を集める係、元締め的な存在のこと

をいいます。

保険とは何か?

そもそも保険とは何でしょうか。小学生に保険って何?と聞かれて答えられますか?

保険とは、みんなでリスクを分かち合う仕組みのこと

です。

保険には、健康保険、介護保険、雇用保険、医療保険、火災保険、自動車保険などの種類があります。
それぞれどんなリスクを分かち合っているかというと、

健康保険や医療保険
→ 病気になるリスク

介護保険
→ 介護が必要になるリスク

雇用保険
→ 失業するリスク

火災保険
→ 地震や火事で家を失うリスク

自動車保険
→ 自動車事故により人に怪我をさせたり、物を壊したりするリスク

これらのリスクをみんなで分かち合う仕組みが、保険です。

具体的にどうやってリスクを分け合っているかというと、常日頃からお金を出し合っておいて、…

そして、必要になったとき(保険が決める条件を満たしたとき)、お金を受け取ることで、リスクを分かち合っているのです。

「必要になったとき」という条件が保険ごとに細かく決められていて、民間の保険では「契約」をすることでお互いに合意します。

この保険という仕組みの中で、

  • お金を集める係、元締め的な存在を「保険者(ほけんしゃ)」
  • お金を出し合う人たちのことを「被保険者(ひほけんしゃ)」

というのです。

保険者と被保険者を表現したイラスト

さまざまな保険の保険者

日本には、いろいろな保険の種類があります。保険によって保険者が違うということは知っておきましょう!(もちろん、覚えなくてOKです!)

保険の種類保険者被保険者(被扶養者)
健康保険共済組合、健康保険組合、
全国健康保険協会(協会けんぽ)、
国民健康保険組合(国保組合)
国民健康保険(都道府県、市町村および特別区)
全員
介護保険市町村および特別区40歳以上
雇用保険日本政府雇われている人
(労働者)
民間の医療保険、
火災保険、自動車保険
保険会社契約した人

病院に行ったときに使う健康保険(公的医療保険)については、こちらの記事でもっと詳しく説明しています!

【超基本】健康保険(公的医療保険制度)とは何か 健康保険と医療保険ってどう違うの?と聞かれて、あなたは答えられますか? 「医療保険」と聞くと、ほとんどの人は、アヒルやイヌのキャ...

さて、いかがでしたか?医療事務の勉強をしていると「保険者」と「被保険者」は頻繁に登場します。最初は慣れない表現で戸惑うかもしれませんが、頻出しすぎて絶対に慣れるのでご安心ください!

参考)民間保険会社の時価総額ランキング(2021.9時点)

  1. 東京海上ホールディングス(3兆8948億円)
  2. 第一生命ホールディングス(2兆6164億円)
  3. MS&ADインシュアランスグループホールディングス(2兆2374億円)
  4. SOMPOホールディングス(1兆8707億円)
  5. ソニーフィナンシャルホールディングス(1兆1300億円)